新作「ダイ公望」!

マーチヘアゲームスです。
こちらでは新作、「ダイ公望」の遊び方をご説明します。

「ダイ公望」は…
・確率を計算して選択するジレンマを味わいたい
・ダイス目に一喜一憂したい
・ダイスを沢山じゃらじゃら振りたい
という方におススメのゲームとなっております。

プレイ人数2~5人、プレイ時間は15~20分ほどです。


プレイヤーはさすらいの釣り師です。
真の釣り王、"爆釣王"の称号を得るため、他のプレイヤーと釣り勝負を行います。
プレイ準備として、ついたてとダイスを受けとります。
このゲームでは、ダイスが釣り竿となります。

釣り竿ダイスは、普通のダイス・6面体が5つと、
特殊なダイス・10面体と20面体が1つずつ、計7個がプレイヤー1人分です。
好みの色のダイスを受け取ってください。


この釣り竿ダイスでお魚を釣り上げるわけですが…


例えば、このお魚カードであれば、ダイスで合計5以上の出目があればフィッシュオンできます。

ダイスを振る個数に制限はありません。
このお魚カードなら普通のダイス1個でも(5か6を出せば)獲得できますが、
念には念を入れて2個や3個振ってもかまいません。

ただし、重要な事が一つ。ダイスを振る順番の事です。
振る順番は「持ち込んだダイス個数が<strong>少ないプレイヤーから</strong>」です。

つまり、確実にフィッシュオンしたいならダイスを多めに持ち込む必要がありますが、
少な目に持ち込んだプレイヤーに先に釣り上げられてしまうかもしれない……
というジレンマがお楽しみいただけます。

手順としては、
・カードを公開して、獲得条件をみんなで確認
・ついたての後ろで、他プレイヤーに分からないように、振るダイスの個数を選択
・選択したダイスを両手で握ってテーブル中央に
・プレイヤー全員が一斉に両手をオープン
・一番個数の少ない人から順にダイスを振ってチャレンジ
(失敗したら次にダイスが少ない人からまたダイスを振って…を繰り返す)
となります。

これを10回繰り返し、お魚カードを一番獲得した人が勝者・爆釣王となります。


釣られる方のお魚カードも、一筋縄ではいかない大物があなたを待ち受けています。

先ほどの「チンアナゴ」のように単純に目標値を超えればいいターゲットもいれば、


 
「クエ」のように、目標値11を超えつつ、4の出目のダイスが2個必要、というお魚もいます。
単純に目標値11であれば6面体ダイス2個で達成できますが、4の出目が2個ないといけないので、
6面体ダイスだけで釣り上げようと思うと最低でもダイスが3個必要となります。

また、
 
「スズキ」のように、目標値10を超えつつ、使ったダイス全ての出目が異なっていないといけない、
というお魚もいます。


さて、ここまで6面体ダイスの話ばかりしてきましたが、
特殊なダイス・10面体と20面体を駆使することで、戦略と選択はより多彩になります。

このスペシャルな釣り竿は、2通りの使い方が出来ます。
いずれも強力な効果を持っていますが、1度使うと1勝負ぶん休ませないと再使用できません。
使いどころの見極めが必要となります。

特殊ダイスは、振る前に以下の2種類のうち、いずれの効能を使用するか、
他のプレイヤーに宣言してから使います。

使い方1.「撒き餌」
こちらの使い方は比較的シンプルです。
6面体と同じく、出た目をそのまま使用し、目標値達成の合算に使えます。
10面体も20面体も、より大きな数字が期待できます。
(もちろん、1や2の出目が出ることもあります!)

 使い方2.「再アプローチ」
「再アプローチ」は振り直しの能力です。
10面体・20面体とも、出た目を目標値達成のためには使えません。
その代わり、他のダイスを振りなおす権利が得られます。

奇数が出ると、1回の振り直し権利が得られます。

例えば、

クエを獲得しようと、10面体(再アプローチを宣言)と6面体3つを振ったとしましょう。
10面体:9
6面体(1):4
6面体(2):6
6面体(3):2
という結果になりました。
目標値11は、4+6+2=12でクリアしているものの、
「4の出目が2つ必要」を満たしていません。 そこで特殊ダイスの出番です。
せっかく6面体(1)は4が出ているのでこのままキープして、
残りの6面体(2)と(3)を振りなおすことが出来ます。 あるいは、6面体(2)は6のままキープして、
6面体(3)だけ振りなおして4が出るのに期待する、というやりかたも可能です。 10面体・20面体とも、奇数の出目が出ると、この振り直し権利が1回得られます。


 この能力を使いこなし、一番お魚を釣り上げた(カードを一番多く獲得した)プレイヤーが、
真の釣り王・爆釣王となります!

 振る個数が一緒のときは?
お魚を誰も獲得できなかったら?
といった詳細については、次のエントリーで詳細を公開しておりますので、よろしければそちらもご覧ください。 選択のジレンマと気まぐれなダイスに翻弄される釣りバトル、どうぞお楽しみください!

コメント

このブログの人気の投稿

「テン呼!」の遊び方!

ダイ公望 説明書修正版